読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#0128 キヤノンPowerShot S120の異常で無償点検・修理をしてもらったけれど、気持ちは完全に晴れていない。

デジカメ カメラアクセサリー

スポンサーリンク

f:id:justyle:20160310225239j:plain

妻が、デジカメ「PowerShot S120」(キヤノン製)で動画を撮影しようとするとすぐにバッテリーが切れる、と訴えるので調べてみたら、問題のある機種であることが判明。

すぐに無償点検に申し込んで、そして約1週間経って戻ってきました。

cweb.canon.jp

 

f:id:justyle:20160310225240j:plain

f:id:justyle:20160310225241j:plain

やはり、不具合が発生していたようで対策してくれたようです。

ただ、メーカとしては、無償で点検と対策(送料も負担)をして返送しているから、もういいよねと思っているのかもしれませんが、消費者からすると、どこか腑に落ちない。過去にも他社ですが、似たような経験があり同様のことを思いました。

不都合をずっと我慢して使ってて、やはりどうもおかしいと思って、わざわざネットで調べて、プレスリリースを発見し、点検に申し込むところまでのモヤモヤした気持ちは晴れていません。

さらに、しばらく使えない期間があったわけで、それらに関しては何のケアもないんですよね。

月末には家族旅行を控えていたので、たまたまよいタイミングに点検できてよかったのですが、下手をしたら家族旅行の大切な思い出をあまり残せなかった可能性もあったりして。

マイナスがゼロになったわけでなく、気持ち的にはまだマイナスのままなんです。