読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#0124 RICOH GRユーザーは純正バッテリーを購入してはいけない。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20160308231046j:plain

本ブログの写真の99%はRICOH GRで撮影しています。

そのRICOH GRですが、バッテリーチャージャーが標準で付属していません。

 

f:id:justyle:20160308231456p:plain

代わりに、USB電源アダプターが付いているので、モバイルバッテリーでも充電できるというメリットはあります。

しかしながら、USB電源アダプターは、独自規格のため汎用的なmicro-USBケーブルが使えないというのが、イマイチです。

 

しかも、純正のバッテリーチャージャーとバッテリーはそれぞれ、4,000円(税別)もします。

f:id:justyle:20160308232130p:plainf:id:justyle:20160308232135p:plain

 

でも安心してください。

安く購入する方法があるんです。

実は、SIGMAのDPシリーズのバッテリーと仕様が全く同じで、GRシリーズにも流用できるんです。しかも純正に比べて半額以下で買えます。

 

f:id:justyle:20160308231047j:plain

ROWAのような互換バッテリーならもう少し安く買えますが、カメラメーカー品という安心感がありますよね。お勧めです。

 

f:id:justyle:20160308230818j:plain
撮影:iPad Pro

RICOH純正バッテリーのDB-65と比べてみました。写真の通り、仕様も形状も全く同じです。

RICOH GRをお使いの方、これから暖かくなってくるとお出かけする機会も増えますよね。予備バッテリーを1つ買っておくだけで、安心してお出かけできますね。

私も月末の家族旅行に備えて1つ買ってみました。